大小の真珠と、小粒のエメラルドのリズムが美しいリング


エメラルド・パールリング

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

商品番号 / R2024V
   年 代 / 1907年頃
  国 名 / イギリス
     サ イ ズ /幅7.4? 9.5号(サイズ直し可)
   素 材 / 天然真珠、エメラルド、18金
 
 【写真をクリックすると拡大表示されます】

野に咲く花をイメージしたリングです。

中心の大きめの真珠は
8本の爪留めの効果もあって
瀟洒な花のように見えます。

それを支える茎には
中小の、同じく真珠。

脇から伸びる葉は
エメラルドの緑色で表現されています。

この頃は、まだ養殖真珠が市場に出回っていない時代。
(この年に日本人の見瀬辰平が初めて真円養殖真珠の特許を獲得しました)
このリングに使われている真珠はすべて天然真珠です。

エメラルドも緑色の濃い、かつ透明度もあるものが使われています。
こちらは覆輪でしっかりと留められています。


このリングが作られた1907年にもなると
アメリカやアフリカなど、各地で見つかった金鉱山からの金が出回っているため
18金という、ハイカラットのゴールドを使いながらも
しっかりとした厚みのある作りとなっています。

シャンク部分もかまぼこ型ですので、指なじみも良いかと思います。

裏側に
18金を表す「18」
チェスターで作られたことを表すチェスター市の「盾の紋章」
1907年に検品されたことを表す「g」
のマークがそれぞれ刻印されています。


石の大きさと、全体の小さい動きが心地よい
さりげなく身に付けられるリングです。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ