冥界の女王としての品格と美しさを感じ取れます


ペルセポネ・シェルカメオペンダントブローチ

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

商品番号 / C2021W
年 代 / 19世紀後期頃
国 名 / イタリア
サ イ ズ / 縦56.0?(バチカン含め66.0?) 横46.7? 厚さ10.2?(留め具含めて12.8?)
素 材 / サルドニア貝・金
 【画像をクリックすると拡大表示されます】

ペルセポネ。
ゼウスと、豊穣の女神デメテルの娘。

冥界の女王であり、
ローマ神話においては「農耕の女神」でもあります。

ペルセポネは冥界の神ハーデスにさらわれ、
その妻となります。
さらわれるシーンは
「ペルセポネの略奪」というタイトルで
様々な絵画に描かれてきました。
また、オルフェウスやプシュケの神話にも登場します。

このカメオを見てみると、
母デメテル同様、麦穂の頭飾りをのせていますが、
若々しい顔立ちや、
豊かに跳ね上がった髪、
そして古代のコインなどに 同じモチーフのネックレスやイヤリングがあることから
彼女はペルセポネであると思われます。

とても美しいカメオです。
アップにされた髪の毛からは
このカメオを彫った職人の腕の良さがわかります。
カールされた髪は一本一本まで
神経が行きわたり、丁寧に彫り込まれています。

首を飾るネックレスは
真珠と思われる
一粒一粒がグラデーションとなって
このカメオに品格を与えています。


金の枠には唐草が彫金され、
驚くことに巻かれた縄目の板厚部分にも
細かくいくつかの彫りがなされているのです。
よくよく見ないとわからないような小さな彫りですが、
離れて見てみても
ちゃんと金属光沢の違いが認識できて
アクセントとしての効果がわかるのです。

そこに職人の心意気とセンスがうかがえます。

バチカンは「フルール・ド・リス(百合の紋章)」のデザイン。
ブローチの受けにはストッパーが付いてるので
外れる心配はありません。


ペルセポネの美しく端正な顔立ちを表現したカメオ職人と
センス溢れる金工職人の技を楽しめる逸品です。

貝にストレス(傷)も見られませんし、
金もきれいな状態です。
このレベルのカメオとしては
お値打ちかと思います。

カメオがお好きな方、
また、初めてカメオを手にする方、
どちらであっても満足いただけることでしょう。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ