結ばれたバックルにどのような想いを込めたのか…


トルコ石・バックル型ブローチ

価格: ¥0 (税込 ¥0)
数量:

返品についての詳細はこちら

商品番号 / B2029U
年 代 / 19世紀末期
国 名 / イギリス
サ イ ズ / 縦28.9? 横20.3? 厚さ7(留め具含めて7.6?)
素 材 / トルコ石、金、ヘア
 
 【写真をクリックすると拡大表示されます】

かっちりした印象のある
四方にトルコ石を配したブローチです。


トルコ石は古来より珍重されてきた石。
ここに使われているトルコ石も
下方の石の右側にわずかに変色が見られますが
きれいなトルコ石です。

バックルを模したデザインは
一本のベルトがぐるっと一周取り巻いて
重ね合わされることから
2人の縁を繋ぐもの、
として19世紀のセンチメンタル・ジュエリーに
頻繁に用いられたモチーフです。

そのベルトには
一面にびっしりと唐草文様が彫りこまれています。

上に、「四方にトルコ石を」
と書きましたが、
これらのトルコ石は全体的に微妙に
左側にズレて置かれています。

このことと、左下にデザインされたバックルのおかげで
ありきたりな円状のジュエリーではなく、
面白味のあるジュエリーとなってくるのです。


裏には丁寧に編まれた髪の毛がガラスの蓋の下に収められています。
髪の毛は女性のものでしょうから、
女性が愛する男性に贈ったのでしょう。
男性はどこか遠くへ旅に出ることになったのかもしれません。
その際に女性が「私を忘れないで」という想いをこめて男性に手渡したのでしょうか。

そう考えると
このジュエリーの、勲章のようにもみえるデザインの所以も
わかるように思えます。


ベルト部分は中空になっていますから、非常に軽い作りになっています。
ブローチとして薄手の服にも合わせられます。

男性も、女性にもお使いいただけるジュエリーです。
男性がスーツやブレザーの襟元に付けるのに丁度よい大きさです。
バチカンを付けてペンダントとしてお使いいただいても良いかと思います。
加工も承りますのでお申し付けください(別途加工代がかかります)。

もちろん、髪の毛は外すこともできますので、
「ちょっと、気持ちが悪い…」
という場合はこちらで外してからお渡しいたします。
新たにご自分の髪の毛を入れてプレゼントする、というのも良いかも…(笑)



カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ